Monthly Archive: 2月 2015

友達に誘われて

021207

021207
頻繁に出会い系サイトを利用する友達がいました。友達はメールだけのやり取りで、1度も直接会ったことがありませんでした。しかし、送られてきた写メの男性が好みだった事もあり、1度直接会いたいと思いましたが、1人で会うのは勇気がなく、一緒に行ってほしいと誘われたのでついていきました。地元で有名なナンパスポットで待ち合わせをしました。私は車を所有していなかったの、友達の車の助手席に乗って待っていました。待っていると、車の両脇を2台の車に挟まれました。出会い系で待ち合わせした人でした。

2人ともそれぞれ自分の車に乗ってきました。写メ通り、1人はかわいらしい顔をしたイケメンでしたが、もう1人は目が細く、ひげを長く生やしていて、一目で危険だと感じました。1人ずつ車に乗り込むように誘われましたが、私は絶対に危険と感じた男の車に乗り込むのは嫌でした。友達が危険な男の車に乗る事になり、私はイケメンの車に乗る事にしました。車に乗り込む前、話だけをしたら帰ろうと友達と約束して、車に携帯電話などの荷物を残したまま、男の車に乗り込みました。車に乗り込んだ途端、友達の車がバックに進み、急発進して行きました。私は危険を感じてすぐに車から飛び降りました。友達は携帯や財布車に置いたまま、連れていってしまいました。

22時頃の出来事です。私は自宅に帰り、友達の事が心配で眠れずにいました。朝方5時頃友達の携帯電話から着信があり、出ると無事に友人の声を聞く事ができました。友人は連れ去られた後、セックスを迫られて色々な所を連れまわされたそうです。頑なに拒否すると、連れ去られた場所から車で40分ほどの場所にある、幽霊が出ると有名なトンネルの近くの自動販売機で、男に「ジュースを買ってきて。」と言われて、車を降りた途端、置き去りにされたそうです。友達は車通りがほとんどない、街頭もない道路沿いを歩いて帰ってきたそうです。たまに通る車に「乗せて。」と手を振っても、心霊スポットなだけに乗せてもらえなかったそうです。少し空が明るくなり始めたころ、諦めていたところに、偶然通りがかった女性に声をかけられて、車の場所まで送ってもらえたそうです。

友達はとても危険な恐ろしい体験をしました。無理やり犯されなかった事が唯一の救いだと思います。出会い系サイトで知り合った人の車に乗り込むのは危険です。会うなら人が多くいる場所の方が良いと思います。

出会い系サイトで女性が危険な目に合わないために

021206

021206
相手のことを100パーセント信用してはいけないのが出会い系サイト。
本当に真剣に出会いを求めている人もいますが、残念ながらそうでない人もいます。
女性の場合、絶対にだまされないと思っていても、恋愛感情が入るとうっかりだまされてしまうということもあるのです。
どんなにメールでの人柄がよくても、実際に会ってみないとわからないことがたくさんあります。
危険な目に合わないためにどんなことに気を付けるとよいでしょう。

1すぐに合わない
すぐに会おうとする男性はあまり信用できません。真剣ではない可能性も多くあります。
相手のことがまだメールでよくわかってないうちから、会おうとするのは危険です。
しつこいような相手ならばやりとりをしないほうがよいかもしれません。
2車に乗らない
ドライブしよう、ちょっと送るから、というのは女性にとってはうれしいことですが、初めて会う相手の車に乗るということはやめておくべきでしょう。
逃げられる状況ではなくなる可能性だって大いにあります。そんな状況でもすぐにオッケイしてしまう女性ということがわかったら、男性側は真剣にならない可能性もあり、遊びでもオッケイな女性という判断をしてしまうことにもなりかねません。
3夜遅くまでデートしない
初めて会った男性の場合は、どんなに盛り上がったとしてもあまり遅くまで一緒にいないことです。できれば数時間で切り上げるというのが最初のデートの理想です。
どんなに盛り上がっても、それは本気であるという可能性は少ないでしょう。
夜暗くならないうちに、帰るということができるようになりましょう。相手のペースに巻き込まれないように強い意志をもつことも大事です。
4スキのない服装で
あまりスキのあるような服装だと、誘っても大丈夫だと思われてしまいます。会ったばかりでは、まだ相手のこともよく知らないため、見た目で判断されるようなことも多いのです。夏場であっても、肌の露出は控えたほうがよいでしょう。

出会い系サイトは危険なのか

0201205

0201205
●出会い系サイト
今の日本では出会いの機会が少ないです。結婚はしたいけど相手が見つからない、出会いを求めているが全く機会がないという悩みを持っている人は多いです。このような悩みを持っている人のために出会い系サイトは便利な存在です。

●危険と言われる理由
出会い系サイトの中には、危険なものがあります。悪い経営をしている会社で、ホテルに入って2人きりになったら、金目のものを持っていかれた、怖いお兄さんが出てきて脅された、相手の女性が美人局だっただと出会い系サイトにまつわる事件は後を絶ちません。危険な目に遭うことはできるだけ避けたいです。ではどうすればいいのでしょうか。

●危険じゃない出会い系サイト
出会い系サイトを直感的に選ばないようにしましょう。出会い系サイトを利用する場合には、まず始めにやることがあります。事前の準備が大事です。

●口コミ
出会い系サイト口コミを調べましょう。実際に使った人の体験談は貴重です。どのような女性がきたか、トラブルはなかったかなど、安全面に関する口コミを集中して探しましょう。

●体験者
実際に出会い系サイトを利用した人の体験談も参考になります。インターネット上の口コミではなく、実体験に基づくものです。実際に経験した人なら、安全かどうか体験しているので話は正確です。体験者の人たちの言葉をよく聞きましょう。

●経営
また出会い系サイトを使う際には、会社の内容や、サイトの作りに注意しましょう。悪い出会い系サイトは細かいところを見るとおかしな部分がたくさんあります。きちんとした会社なら、サイトの中の中身もしっかりしています。サポートデスクやカスタマーサービスを利用することも大事です。きちんとした返事が返っているかなど、出会い系サイトの業者のレベルを推し量るには最適です。

●まとめ
できるだけ安全に貴重な出会いを果たしたいなら、上に挙げた注意をしっかりと理解した上で、慎重に使いましょう。トラブルがあってからでは遅いです。優良な出会い系サイトを利用して、すてきな相手を見つけましょう。

出会い系サイトで危険を避けるためには

021204

021204
ちょっと前までは出会い系サイトと言うと、テレビで事件や犯罪に巻き込まれた人達の報道がなされたりしてネガティブなイメージがありましたが、今は、出会い系サイトという名前ではなくSNSやアプリ、といった誰でも気軽に楽しめるものになりました。
私自身、はじめは英語の練習のために海外の人たちとのペンパルサイトを使っており、そこから派生して海外のデートサイト、SNSチャットアプリ、という形で次第に使い進めてきたため、出会い系が危険なものという認識が薄くなりました。ただし、それは使い方に十分注意しているからであり、サイトを除くと”これは危ないな”と思うプロフィールの人達がたくさんいたり、実際に危ない目に合った友達の話も聞きます。そこで、出会い系を楽しく使うために、危険を避ける方法を幾つかご紹介します。
ます、プロフィール写真です。サイトにはどんな人がいるかわかりません。同じ会社で働いている人を数名見つけたこともありますので、ご自身のプライバシーを守りたいのであれば、サイト上での人気度は下がることとのバランスをご自身の中で考えるといいと思います。顔を出さないといけないのがプロフィール写真の鉄則だと思いますが、そうでなくても承認されるサイトはたくさんあります。(サングラスや、横顔等でもOKなものもあります。)また、メールのやり取りをして、気に入った人にだけきちんと顔のアップがうつっている写真を公開する方法もありますので、私はこちらをお勧めします。
次は、個人情報です。サイトには、プロの詐欺師もいます。簡単にLINEやFacebookの連絡先を聞いてくる人がいますが、直接会うまでは教えない方がいいと思います。大抵、会うまでは相手のベスト写真から、いろいろと自分に都合のいい想像で相手への期待が膨らみます。ただ、一度会って、”あれ、期待と違ってちょっとガッカリ”と思ったとしても、相手にLINEやFBをお教えていると、連絡がしつこく着てしまいますし、例えブロックしたとしても自分の交友関係(特にFBは自分の友達にまで)に悪口を書かれたりする可能性があります。職場の人や周りの人に”出会い系サイトを使ってる”とばれたくない場合は、写真と個人情報のシェアには大いに気をつけてください。

出会い系サイトで出会い得る危険

021203

021203
異性との出会いの場として利用される、出会い系サイト。
トホホな結果に終わることもあれば、異性と出会えることもあり、なかなかに便利な代物です。
ですが、たくさんの人が集まるが故に、人同士のトラブルも起こり得るのが、出会い系サイトの怖いところです。
ここでは、出会い系にて出会い得る危険と題しまして、様々なトラブルの種を紹介したいと思います。

一つ目は、「サクラに引っかかってしまう」という危険。
美人なプロフィール写真を見て、アタックすべしとメッセージを送ったとしましょう。
すると、その女性は、如何にも気をもたせるようなことを言いながらも、実際に会おうかと言う話になると、はぐらかすばかり。
何とか、出会う話をこじつけたはいいけれど、実際に場所にいっても一向に姿を現さないのです。
こういうケースは、メッセージのやり取り自体に料金がかかる出会い系サイトでは、割とあるあるなことで、いわゆる「サクラ」です。
サイト運営側が、女性を装ってメッセージのやり取りをして、無駄にユーザーにお金を払わせる、というやつですね。
一回はまり込んでしまっては、「出会ってやる!」と意地になり、なかなか抜け出せなくなるところも、危険性を高めています。
ちなみに、メッセージ送受信が無料の出会い系サイトでも、そういう系の業者が潜り込み、悪質な出会い系サイトに誘導を行うパターンも存在します。
まるで芸能人のような、美人の写真には要注意です。

もう一つの危険は、出会った女性を利用した「美人局」(つつもたせ)被害。
出会い系サイトで、すんなり出会う約束をして、実際に場所へ向かうと女性と共に謎の男性が……。
そしてそこから始まるは、ゆすり・たかりの猛ラッシュで、トホホなことになってしまうというパターンです。
まだ、出会う場所が街中ならマシですが、ホテルで落ち合う約束をしていた場合は、部屋に軟禁された状態で恐喝されるため、とても危険です。
逆に男性がいなくとも、肉体関係を持つに至った女性が「乱暴をされた」と警察などに持ちかけて、裁判だの慰謝料だのという話になることもあります。
証明がしがたいだけに、女性側の良心を信じるしかない、何とも恐ろしい部分です。

以上、出会い系サイトで出会い得る危険でございました。
他にも、「二人きり」となるシチュエーションでは、犯罪がらみの様々なトラブルに巻き込まれる危険性もあります。
出会い系サイトを使う際は、出会い系サイト選びから慎重に行っていきましょう。
深追いをしすぎないことが、出会い系サイトを使うコツですよ。

世間では、忘れた頃に

021202

021202
出会い系サイトが絡んだ、男女のもつれにまつわる事件が起きますね。こうした事件が、世間一般の方々に出会い系サイトは危険な物であるというイメージを抱かせてしまう原因の一つではないでしょうか。かく言う私も出会い系サイトを利用するまでは、出会い系サイトに対してよくないイメージ、危険なものであるというイメージを抱いていました。

私は結婚する前、多くの男性の方と出会い系サイトを通じて会わせて頂きましたが、危険な目には一度もあいませんでした。ただ、私も、さすがに初めて出会い系サイトで知り合って会うことになった男性と会う時は、不安の方が大きかったので、相手の男性の方には内緒で、私の同性のお友達にも一緒について来て貰いました。男性の方にはお友達と一緒に行くということを言っていなかったのですが、その男性は嫌な顔一つせず「そっか、僕が初めてだったんだ。じゃあ不安なのも仕方ないよね。ニュースとかで見ても怖いニュースあるもんね。

でも考えてみて、出会い系サイトを利用してる男が皆、ニュースで取り沙汰されてるような事件を起こしてると思うかい?起こしてたら、出会い系サイトがここまで社会に広く浸透する訳無いよね」と言うのでした。私はそれもそうだと思い、内緒で同性の友人を連れて行ってしまった事を相手の男性の方に謝り、次からはちゃんと2人で会おうねと約束を取り交わしました。一緒に行った同性の友人も「全然危険な感じじゃなかったね。あんなにちゃんとした人が来てくれるんだったら、私も使ってみようかな」と、出会い系サイトに前向きな見方を示してくれました。

私が出会い系サイトを通じて知り合って初めて会ったその方とは交際には至りませんでしたが「君もいい人見つけてね。君なら何人も会ってるうちに、きっといい人見つかるよ」とありがたいお言葉まで頂きました。その男性は出会い系サイトで素敵な女性と出会う事が出来たでしょうか。彼のような優しい方なら、きっと出来たと思います。

出会い系サイトで実際に起こった危険

021201

021201
私が実際に体験した、出会い系サイトで起こった危険な事件です。
自分は詐欺には騙されないし、他人に利用されることなんて無い、と思っていてもいつのまにか罠にかかっている事だってあるのです。
私はそれまで普通に出会い系サイトを利用していました。
サクラや業者は見分けることができるために、相手にせずに、一般人との交流を楽しんでいました。
メール交換をしたり、実際に出会ったり、とそれなりに充実していたのですが特に仲の良い相手ができたのです。
業者ではなく、サクラでもありません。
最初からお金目当てだったのか、それとも純粋な出会いを求めていたのか、純粋な恋愛感情を抱きながらももしもお金に困ったら利用をするつもりだったのかもしれません。
相手は大学生、顔写真も端正でした。
とても優しく、長時間メールに付き合ってくれ、話していて楽しい相手でした。
顔写真が綺麗、話も楽しい、人柄も良い、といった面からこちらは恋愛感情を抱き始めました。
毎日数時間会話を交わし、仲が深まり、なんでも話せる間柄となりました。
実際に出会ってみると、顔は綺麗なのですが洋服が貧相であり、家も貧しいようでした。
お金がない、と言っており割り勘の際にもこちらが多めに出すようにしていました。
それでも普通にデートは行えるために、頻繁に会ってデートをしていたのですが、ある日親が病気で治療費が必要だから貸して欲しい、と言ってくるのです。
病気の証拠を見せてほしい、と言っても見せてくれず、本当か嘘か分かりませんでした。
好意を抱いており、既にお互い恋人状態。
私は話に乗って、ついお金を渡してしまいそうでした。
百万円でいいからください、と銀行口座情報まで送ってくるのです。
本当か嘘か、口論になってしまい結局お金は渡さなかったのですが、もし相手に流されていたら、と思うとぞっとします。
その後も出会い系サイトは利用をしていますが、この時のような相手とは再び巡りあうことはありませんでした。
盲目状態になると、お金を渡してしまう事だってあります。
みなさんも注意して欲しいです。