遊ぶ半分で出会い系サイトを利用して後悔。

022037

022037
以前遊び半分で友達と出会い系サイトに登録したり、SNSを利用した出会い系を使ってみたりしたことがありました。当時はまだ女子大生だったのですが、そういった出会い系の怖さを全く知りませんでした。

出会い系サイトに登録してすぐある男性から連絡があり、会える範囲内にお互い住んでいたので試しに会ってみることにしました。
東京の駅で待ち合わせて、やってきたのは眼鏡をかけた真面目そうなスーツのサラリーマンの男性でした。初めて見た時は、「こんな真面目そうなサラリーマンでも出会い系に登録するんだな」と感じた位、どこにでもいそうな人だったんです。

適当に会って話して遊んで、それで帰ろうと私自身は計画してました。2人で食事した後、すぐ近くにカラオケがあり誘われたので一緒に入って行ったのですが、今ではそのことをとても後悔しています。個室で2人きりになってしばらく経った頃、男性がかなり近くに寄ってきて服の中にいきなり手を突っ込んできました。服の下から直に体を触られて、とても気持ち悪くて怖くなり、私は何も言わずに走ってカラオケを出て行きました。それ以降はその男性とも会ってはいませんし、出会い系も使っていません。

一緒に登録した友達にこのことを相談したところ、どうやら彼女も似たような出来事に遭遇したそうです。私も彼女も出会い系サイトを利用することをやめました。最近でも出会い系サイトはまだ存在していますし、過去の私達のように面白半分で使っている人もきっといるだろうと思います。ネットは直接顔を合わせて出会う訳ではなく、たとえ会ったとしても相手の言っていることがどこまで本当なのかはかり知ることはなかなか難しいです。ネットで出会って結婚したという方も中にはいる様ですが、上記の様な危険性もあるので、ネットでの出会いは危険が伴うものだと思っていた方が良いと思います。

また、私達の様に遊び半分でネットで出会った人と会ったりすると後悔することもあります。遊び半分で出会い系サイトを利用している方等は今すぐやめた方が良いと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>