出会い系サイトで出会い得る危険

021203

021203
異性との出会いの場として利用される、出会い系サイト。
トホホな結果に終わることもあれば、異性と出会えることもあり、なかなかに便利な代物です。
ですが、たくさんの人が集まるが故に、人同士のトラブルも起こり得るのが、出会い系サイトの怖いところです。
ここでは、出会い系にて出会い得る危険と題しまして、様々なトラブルの種を紹介したいと思います。

一つ目は、「サクラに引っかかってしまう」という危険。
美人なプロフィール写真を見て、アタックすべしとメッセージを送ったとしましょう。
すると、その女性は、如何にも気をもたせるようなことを言いながらも、実際に会おうかと言う話になると、はぐらかすばかり。
何とか、出会う話をこじつけたはいいけれど、実際に場所にいっても一向に姿を現さないのです。
こういうケースは、メッセージのやり取り自体に料金がかかる出会い系サイトでは、割とあるあるなことで、いわゆる「サクラ」です。
サイト運営側が、女性を装ってメッセージのやり取りをして、無駄にユーザーにお金を払わせる、というやつですね。
一回はまり込んでしまっては、「出会ってやる!」と意地になり、なかなか抜け出せなくなるところも、危険性を高めています。
ちなみに、メッセージ送受信が無料の出会い系サイトでも、そういう系の業者が潜り込み、悪質な出会い系サイトに誘導を行うパターンも存在します。
まるで芸能人のような、美人の写真には要注意です。

もう一つの危険は、出会った女性を利用した「美人局」(つつもたせ)被害。
出会い系サイトで、すんなり出会う約束をして、実際に場所へ向かうと女性と共に謎の男性が……。
そしてそこから始まるは、ゆすり・たかりの猛ラッシュで、トホホなことになってしまうというパターンです。
まだ、出会う場所が街中ならマシですが、ホテルで落ち合う約束をしていた場合は、部屋に軟禁された状態で恐喝されるため、とても危険です。
逆に男性がいなくとも、肉体関係を持つに至った女性が「乱暴をされた」と警察などに持ちかけて、裁判だの慰謝料だのという話になることもあります。
証明がしがたいだけに、女性側の良心を信じるしかない、何とも恐ろしい部分です。

以上、出会い系サイトで出会い得る危険でございました。
他にも、「二人きり」となるシチュエーションでは、犯罪がらみの様々なトラブルに巻き込まれる危険性もあります。
出会い系サイトを使う際は、出会い系サイト選びから慎重に行っていきましょう。
深追いをしすぎないことが、出会い系サイトを使うコツですよ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>