出会い系で不倫や浮気がバレる危険性

③ アイキャッチ画像

出会い系は不倫や浮気したい人の出会いの場としてもよく使われています。
実際に、出会いのカテゴリーに「不倫・浮気」といった項目が存在する為です。
そういった項目がある以上、相手側もそれを承知で出会っている訳ですが、どんなにうまくやっていても不倫や浮気がバレる危険性は存在します(女のカンや自身の証拠隠滅のツメの甘さは除く)。
では一体どういったパターンでバレてしまうのか、解説します。

不倫相手が本気になり過ぎてしまった

どちらかと言うと女性に多いケースですが、浮気相手が本気になり過ぎてしまうことです。
適度な距離感があるからこそ既婚者男性に余裕を感じてしまい、女性は本気になりやすいもの。
それもあってか、相手の奥さんと別れる(正確には別れさせる)ように仕向けて、男性の家庭に勝手に入り込んでいったり、勝手に男のケータイを探って奥さんに電話したりして、浮気がバレてしまうのです。
本気になり過ぎてしまうと、周りが見えなくなってしまうもの。
別れ話や将来の話が出て来るようであれば、本気になってしまう危険性が高いので、関わりを切った方が良いでしょう。

不倫・浮気相手という立場に腹が立ったとき

いくら頭では分かっていても、結局は不倫・浮気相手でその人の2番目(もしくは3番目以下)の存在(パートナーがいる相手ではなく、いない相手)。
そういった考えが夜寝ている時や、一人でいる時に感じてしまうと、自身の置かれている立場に腹が立ち、「この立場をどうにかしたい」と思うようになります。
大概は、もうこの関係は止そうと思い、不倫・浮気相手と連絡を断ち切るものですが、セカンド、サードというポジションが悔しくて、「この悔しさをパートナーがいる浮気相手にも分からせてやる!」と、傷つける行為をします。
この傷つける行為が、浮気相手のパートナーにバレるように仕向ける行動を取ったりするようになります。
何故なら、浮気相手の大切な人(パートナー)を無くす行為そのものが、自身が置かれている立場のダメージに一番近いからです。

人間の気持ちはいつ暴走するか分からないもので、芸能人の松尾明美のように、徹底して報復を行う人もいます(この人は旦那にされた側ですが)。
絶対にバレないというのは無いので、危険性が伴う行為であることを頭に置いておくべきでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>