個人情報を垂れ流す出会い系のユーザーについて

② アイキャッチ画像

出会い系で出会うにせよ出会わないにせよ、個人情報をネットに流すユーザーというのは存在します。
どういった理由でネットに流すのか、以下に解説します。

やり取りでうまくいかなくなった腹いせ

メッセージでやり取りがうまくいかない、話が盛り上がらない、自分の要望に叶わないとなると、そのやり取りした相手を誹謗中傷したくなるユーザーがいます。
不満や文句を言うのは大人気ないですが、事実そういった話をいくつも聞いたことがあるので、注意しなければなりません。
それより問題は、ネット上で拡散させることです。

拡散させる場所の多くはインターネット掲示板(5chなど)。
「こいつうざいから注意して」「年齢偽証で金払いが悪いと急にいなくなる」など、あることないこと書き込んで、その人のプロフィールをネット上に公開したりします。
そうなると、多くの人にその人の情報を開示するので、危険度は高いです。
何せ、見た目の顔写真や年齢、身長、居住地といった個人情報をネット上に公開されるので、「あ!この人知っている」と言われる可能性だってあります。
下手すると、学校や職場の人たちにバレてしまう事だってあり得るので、そういった危険性があることは注意したいものです。

出会った時にプロフィール写真と違った時

出会い系で最重要項目と呼ばれているプロフィール写真。
これの良し悪しで「やり取りしたい」「出会いたい」という差が極端に変化します。
それだけに期待を込めている見た目ですが、いざ会ってみて実際と違ったら、腹を立てます。
「実物と全然違うじゃないか!!」と、まぁ出会い系経験者は一度は経験があるのではないでしょうか。
問題は、期待し過ぎて腹が立ち過ぎて、ネットに公開してしまうこと。
実際の写真とプロフィール上の写真との個人情報を同時にネット上に垂れ流して、「こいつは加工してまで出会いたい」という文面を添えて、掲示板に掲載。
ネットでは盛り上がって、その人の顔写真が次々と拡散していく。
こういったユーザーに捕まってしまうと、顔がネット上にバレて知人や友人にまで「こいつ出会い系をやっていた」「加工してまでモテようとした」と知られてしまうので、危険ではあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>