ネットでの出会いは、相手がわからない

022032

022032
最近、ストーカーによる乱暴の事件が増えているようです。
加害者の男性とは、ネットで知り合ったというケースが多発しています。
ネットでの出会いを全て否定するわけではありませんが、危険性が高いので、注意が必要です。
最近では、ネットで出会い、交際するカップルも増えています。
確かに、出会いの機会が無い若い人には、ネットでの出会いは手軽で便利です。
しかし、見極めないといけないのは、相手が何を考えているか、です。
男女ともに、双方目的が一致していれば、問題はありません。
真面目にお付き合いをして、結婚にいたればいいな、とか。
単に性行為を目的とした交際がしたい、などです。
しかし、恋人になるような人と出会いたい、という女性に対して、
性行為がしたいだけの男性がマッチングしたりすると、危険です。
そういう男性も、率直に自分の目的をはっきりさせればいいのですが。
同じ目的の女性が少ない為でしょうか。
普通に恋人を欲しがっている女性を性行為目的で交際を始めるケースも多いのです。
単に性行為だけが目的という女性が少ないのは、性別による差もあるとは思います。
しかし、一部の男性には、それを理解しない人も多いのです。
自分が
「やりたいだけ」
と思っていると、相手の女性もそういうものだと思い込んでいる男性も多い気がします。
これは、日本社会が未熟だからでしょうか。
女性は「恋人が欲しい」と思っているケースが多いのです。
それなら、男性は、お金を出して、プロの女性に相手をしてもらえばいいのに。
女性としては、そう思います。
しかし、
「ただでやれる女が欲しい。」=彼女
という考え方には、呆れるばかりです。
ネットで出会う相手は、どういう人間かわかりません。
女性と性行為をしたいだけで、まじめな出会いの場に出てくる男性もいるそうです。
それらの男性が、女性の望む好青年を演じている場合もあります。
又、一般的と思われる男性でも、「自分の理想像の女性」という妄想に囚われているケースもあります。
彼らは、外から見てもわかりづらく、又、交際相手の女性が自分の理想と離れていると、怒り出すという事も多いのです。
ネットでの出会いでは、相手がどういう人間か、わかりづらいので、慎重に相手を見極める必要があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>