出会い系サイトは危険が一杯

Just another WordPress site

Latest Posts

ネットの影に潜む出会い系の危険性

022041

022041
手軽な男女の出会いの場所として多く利用されているのが、ネットのSNSなどです。
無料で利用出来るサイトも多く、パソコンだけではなく携帯やスマートフォンなどからもアクセスする事が出来るために、未成年者の利用も多くみられます。

ネット上で、楽しくやりとり交わすだけなら、危険性はそこまで高くありませんが、ぐっと危険性が高まるのが、ネットを通して知り合った異性と実際に対面する事です。

ネットでの出会いが危険性が高い一番の理由としては、相手の素性が分からないという事が大きいのです。
ネットでは、名前も年齢も性別さえも簡単に偽る事が出来ます。
ですから、どんなにネット上で長く交流があったとしても、本当の相手の事は分からないものなのです。

しかし、中にはネットで知り合った相手のプロフィールをそのまま素直に信じてしまう方もいます。
また、相手のことを本気で好きになってしまう場合もあります。

そして、実際に対面をした結果、プロフィールとはまるで違う別人がやってきたり、そうではなくても様々なトラブルに巻き込まれてしまう事は少なくありません。

トラブルだけで済むならまだましな方で、時には犯罪に巻き込まれる事さえあるのです。
この場合、何も犯罪の被害者になるだけではなく、知らないうちに犯罪の片棒を担がされている事もあります。

特に、こうしたトラブルや犯罪に巻き込まれるのは、危険察知能力の低い未成年である可能性が高いと言えます。

ネットでの出会いは、金銭を巻き上げられたり暴行などの被害だけにとどまらず、命を奪われる危険性も高いと言えます。
大げさなように聞こえるかもしれませんが、どんな人でも簡単にネットを利用出来るようになった今、様々な人間がネット上には溢れているのです。

相手がどんな人間性なのか、それは決してネットを通じての交流だけでは判断出来ません。
ネット世界と現実世界での姿は違うのだという事を肝に銘じておく必要があります。

手軽で便利な出会いの影には、多少なりとも危険が潜んでいるのです。

インターネットの出会いに潜む危険性について

022040

022040
インターネットが普及することによって私達の生活はとても便利で豊かになりました。
しかしその反面様々な情報を簡単に入手することが出来たり、また見ず知らずの男女が簡単に出会えるようにもなっているのです。
顔を知らない男女が出会いを求めて利用する出会い系サイトは、メールや掲示板などでやり取りができお互いがその気になれば実際に出会う事も出来ます。
誰もが簡単に利用することができるようになっており、出会い系サイトは様々なサイトが作られています。
出会い系サイトの中には18歳未満であれば利用できないようになっているものもありますが、中には中高生が利用出来てしまうものも少なくはないのです。
TVのニュースなどを見ていると中高生の女子が出会い系サイトで知り合った男性に殺害されてしまったというニュースは後を絶たないのです。
出会い系サイトは簡単に利用できる反面どのような人が利用しているのかわからない怖さがあります。
特に女性であれば性犯罪に巻き込まれてしまう恐れも多いので、むやみに利用し、利用しても実際に合わないことが大切です。
殺害だけでなく、ポルノビデオに撮影された、わいせつ行為を受けてしまったなどの被害も多くあります。
自分は大丈夫だと思わずに、見ず知らずの男性と気軽にあるという事は避けなければいけないのです。
皆がやっているから平気だなど軽い気持ちで出会い系サイトを利用して大きく後悔しないようにしてほしいと思います。
また中高生だけでなく、出会い系サイトは大人でも危険が潜んでいます。
無料で利用できる出会い系サイトの中には、悪質なサイトに誘導したり、また不正な請求をしてくる場合があります。
無料だから利用したはずなのに結局騙されて高額な支払をしなければいけなくなってしまった人も中にはいるのです。
このようなことにならないように出会い系サイトを利用す場合には、無料のサイトは避け、口コミなどを参考にして優良な出会い系サイトを利用すると安心です。

出会い系の危険性について把握しておく

021639

021639
インターネットの出会い系の危険性について把握しておく必要があります。インターネットでは多くの出会い系サイトがあり、手軽に利用できますので出会いを求めて利用している人も多いです。
しかし、危険が潜んでいる事もありますので注意しなければならないです。
まず、悪質な出会い系サイトがあるという事です。無料サイトでも有料サイトでも悪質な出会い系サイトというのは存在しています。ではなにが悪質なのかというと、まず登録してメールアドレスや電話番号などの個人情報が他の悪質な業者に漏れてしまう可能性があります。すると、迷惑メールが大量に送りつけられるという被害にあってしまう可能性があるのです。
また、勝手に他のサイトに登録されていたりする事がありますので注意しなければならないです。そして、架空請求が来る場合もあります。
このように悪質なサイトを利用してしまいますと、次々に危険な事が起こってしまう可能性がありますので、悪質な出会い系サイトをぜったいに使用しない事が必要です。
架空請求に関しては一切無視していく必要があります。間違っても業者に連絡するといった事がないようにします。
出会い系サイトを利用する場合は、評判が高く優良と言われているサイトだけを利用する事にします。
次に有料サイトは基本的にポイントを購入してポイントを使用しながら異性とやりとりをしていく事になります。ほとんどの場合は、先払いですので自分が知らない間にポイントを多く使用してしまって高額な費用が来るという事はないです。
しあし、サイトによっては後払いというのがあります。この後払いのサイトを利用するとポイントを消費しすぎてしまって気づいたら多くのポイントを消費してしまって、後で高額な請求が来るという事もあります。
有料サイトを使用する時には、先払いのサイトを利用する必要があります。
このようにインターネットでの出会い系は危険が潜んでいる事もありますので注意します。

【参考サイト】
出会い系詐欺にあった場合の対処法と弁護士一覧

インターネットの出会い系の危険性について

022038

022038
インターネットにある出会い系の危険性についてお話します。一般的には出会い系サイトと呼ばれているものです。男性、女性問わず利用している人も多いですし、携帯やパソコンを利用して手軽に異性と出会えるのでその手軽な面から利用している人も多くなっています。
現に、恋人になったり結婚したりしている人もいますので出会いの1つの方法として確立されています。しかし、出会い系サイトには危険性もある事を認識しておかなければならないです。
まず、1つ目が運が悪ければ出会い系を通じで実際に出会った人があまりよくない人で乱暴な行為をされるという事があります。現実にそういった事件が起きていますので注意しなければならないです。特に女性の被害が多いですので、女性の方は特に注意しなければならないです。
会う時には、しっかり相手がどういう人物なのかを判断する事や写真を送ってもらう事も必要です。また、会う時には人が多い所で会うという事も必要です。決して二人きりにならないという事も大切になります。
男性でしたら、出会った女性から高額の商品を買ってとお願いされる事があります。デート商法とも言われるものです。こういった悪質な人も出会い系を利用している事がありますので注意しなければならないです。
次に、これは有料サイトを利用する人が注意しなければならない事ですけど、サクラというものが存在している事があります。有料サイトのサクラとは、異性になりすましてあなたにメールのやりとりなどで必要なポイントを消費させようとする人です。甘い言葉を巧みに利用してメールを送ってきますので、どうしても沢山のポイントを購入してサクラとやりとりをしてしまう事があります。
サクラだと気づいた時には大量のポイントを消費してしまっている状態となり、多額の支払い請求が来る危険性があります。
このように、出会い系サイトは危険も潜んでいる事を認識して、注意しながら利用していかなければならないです。

遊ぶ半分で出会い系サイトを利用して後悔。

022037

022037
以前遊び半分で友達と出会い系サイトに登録したり、SNSを利用した出会い系を使ってみたりしたことがありました。当時はまだ女子大生だったのですが、そういった出会い系の怖さを全く知りませんでした。

出会い系サイトに登録してすぐある男性から連絡があり、会える範囲内にお互い住んでいたので試しに会ってみることにしました。
東京の駅で待ち合わせて、やってきたのは眼鏡をかけた真面目そうなスーツのサラリーマンの男性でした。初めて見た時は、「こんな真面目そうなサラリーマンでも出会い系に登録するんだな」と感じた位、どこにでもいそうな人だったんです。

適当に会って話して遊んで、それで帰ろうと私自身は計画してました。2人で食事した後、すぐ近くにカラオケがあり誘われたので一緒に入って行ったのですが、今ではそのことをとても後悔しています。個室で2人きりになってしばらく経った頃、男性がかなり近くに寄ってきて服の中にいきなり手を突っ込んできました。服の下から直に体を触られて、とても気持ち悪くて怖くなり、私は何も言わずに走ってカラオケを出て行きました。それ以降はその男性とも会ってはいませんし、出会い系も使っていません。

一緒に登録した友達にこのことを相談したところ、どうやら彼女も似たような出来事に遭遇したそうです。私も彼女も出会い系サイトを利用することをやめました。最近でも出会い系サイトはまだ存在していますし、過去の私達のように面白半分で使っている人もきっといるだろうと思います。ネットは直接顔を合わせて出会う訳ではなく、たとえ会ったとしても相手の言っていることがどこまで本当なのかはかり知ることはなかなか難しいです。ネットで出会って結婚したという方も中にはいる様ですが、上記の様な危険性もあるので、ネットでの出会いは危険が伴うものだと思っていた方が良いと思います。

また、私達の様に遊び半分でネットで出会った人と会ったりすると後悔することもあります。遊び半分で出会い系サイトを利用している方等は今すぐやめた方が良いと思います。

出会い系サイトには数多くの危険性が潜んでいる

022036

022036
中高生を中心に幅広く利用されいている出会い系サイトですが、そんな出会い系サイトは数多くの危険が潜んでいるので、利用する際には十分注意して利用する必要があります。出会い系サイトをきっかけにして恋人ができたり、結婚に至った幸せなカップルもいますので一概にすべてがそうだとは言い切れないのですが、やはり注意しておくに越したことはありません。

まず、出会い系サイトで最も怖いのは、相手の素性が良くわからないという点にあります。仮にもしもプロフィールなどを見たり、ちょっとしたサイト内のやりとりから「この人は大丈夫そうだ」と判断したとしても、相手が良い人をもしも演じていたら見抜くことはできません。そうして、出会い系サイトで出会った人を信じて出会ったがばかりに、自分自身が被害を受けるようなできごとに遭遇してしまうことは、今やレアケースではないのです。

また、出会ってみたら性格があまり好きになれなかった、想像していた人と違った、怖かったなどの理由から相手との関係を切ろうとしても、なかなか切れないことが多いのも出会い系サイトを利用する危険性の1つです。

たとえば、出会い系サイトを利用する男性は女性との交際に乏しく、嫌われているにも関わらず女性を執拗に追いかけてしまい、それがストーカー被害へと発展する可能性が多々あります。今の時代は縁をつなぐのが簡単な分、縁を切るのが難しくなっており、出会い系サイトで出会った男性と人間関係がこじれてしまうことは人生において大きなデメリットです。

このように、出会い系サイトというのは、不特定多数の人と簡単に交流できるのが、最大のメリットでもあり、最大のデメリットでもあります。それを考えると、出会い系サイトはかなりギャンブル性が強く、自分の思い通りにはいかない可能性が高いということをよく肝に銘じておくべきです。

どれだけ注意喚起しても出会い系サイトに関係した被害はなかなか減りませんが、出会い系サイトを利用している人は決して他人事と思わず、細心の注意を払って利用して欲しいです。

顔が見えない相手だからこそ

022035

022035
出会いを求め、ネットの出会い系サイトを利用してみようと思った方は多いのではないでしょうか。
実際に利用した、利用しなかったに関わらず、
興味を持って「使ってみようかな」と思ったことはないでしょうか。

出会いを求める行為自体は、古くは雑誌の投稿記事の中でも見受けられます。
少し古臭い言葉に感じるかも知れませんが、「文通」という手段です。
雑誌を開き、読者コーナーの花形の一つとして利用されていました。

「私はこういう趣味をもってますので、こういう方と文通がしたいです」

その投稿に興味を持った読者が手紙を送り、文通が始まる。
これは現代の出会い系サイトの仕組みと大方違わないと思います。

文通は健全で、出会い系サイトが不健全か?
そう考えると難しい面があります。
私はインターネットが普及しはじめた際に、趣味の仲間の幅を広げようと、
「ご近所さんを探せ」というサイトを利用しました。
登録したエリアを中心に、メールで文通を行い、気が会えばオフ会を行う。

私も何度か実際に会ったことがありますが、
会うまでにメールでのやりとりをかなり密にして、相手の様子、性格が把握できてから会うことにしました。

慎重に慎重を重ねますが、それでも恐いと思います。危険があると思います。
かなりの数の出会い系サイトがあり、それを利用する方が多い中、
定期的にテレビでは出会い系サイトで出会った人が起こしたトラブルが報じられます。

監禁、殺人……。
血腥い話が多いですが、恐らく表だってないだけで、美人局のような詐欺はかなり発生しているでしょう。

出会い系サイトを利用することは、ひとつの出会いの手段ではありますが、
遊びの気分で気軽に利用することは避けた方が良いと考えます。

恋愛に関すること。
割のいい仕事など。
特な話、おいしい話には特に注意が必要でしょう。

過去、文通が新しい出会いの手段であったように。
そこから結婚に至ったという人も実際にいたように。
決して出会い系サイトを利用することが悪いとは思いませんが、
手軽に扱える分、十分な警戒を怠らないようにしたいものです。

出会い系サイトに対する危機感

022034

022034
今ではパソコンが普及して、出会い系サイトで、見知らぬ人と出会うということがありますが、
昔はテレクラと言って、そこに電話をかけて、異性と待ち合わせをし、出会うということがありました。
それも興味本位でする人が多く、わたしも中学生の頃に、友人と公衆電話から電話をかけたことがありました。
その頃でさえ、怖いという気持ちはありましたが、
ここ数年で出会い系サイトという言葉が普及し、危機感も薄れてきているように感じます。

普通に考えて、出会い系サイトで出会う前は、どんな嘘をついても構わないと思います。
はじめは直接的に出会うわけではないので、目に見えない相手に自分をよく思ってもらおうとして、
相手にいいように嘘をつき、実際会ってみたら違ったということが多々あるように思います。

正直、最近では詐欺まがいなことをしようとして出会い系サイトを利用したり、
殺人をしたいという衝動がある人が利用したりもあります。
全く知らない相手なので、実際に会ってみたら何をされるかわからないのです。
本当に出会い系サイトは怖いと思います。

性犯罪につながる危険性もあります。
学生が興味本位で出会い系サイトを利用し、実際に会い、そして無理やり襲われたりという事件もあります。
逃げようとしたら殺害されたなど、ありえないようで起きていることです。
自分の身を自分で守るには、そういった目に見えない、他人と出会うということの危険性を、
自分自身で確信しなければなりません。

友人が出会い系サイトをしているから。興味があるから。そんな理由で会ってしまうと、
後で取り返しのつかないことに巻き込まれてしまってからでは遅いのです。
何かあった時に、親に自分が出会い系サイトを利用していたということがばれてしまいます。
どうですか?嫌ではないですか?

失うものもあるということを念頭に入れ、よく考えてみてください。
考えれば考える程、答えは簡単です。
危険なものに手を出さなければいい。それだけです。

ネット世界は曖昧だらけ。

022033

022033
出会い系と呼ばれるネットのサイトや、掲示板と呼ばれるコメントサイトは、気軽に知らない人と知り合いになれるため非常に便利なツールです。ゲームの掲示板で友人になったり、出会い系を通じて付き合い始めた人も多数おられますが、それはあくまでも良い例で、良い例がある以上悪い例もあると考えていただきたいです。ネットにはネットならではの危険性も大いにあるとゆうことを認識しなければいけません。
まず、出会った相手の登録情報が100%本当である証拠がないとゆうことです。登録に際しては簡単なプロフィールくらいしか記載する必要がありませんから、いくらでも嘘のプロフを作成することが可能です。
一人の人間が100人の別の人になることも可能なわけですから、いかにネット世界が曖昧な世界かとゆうことを利用者自身が認識しなければいけません。
次にネット上でのやり取りで良い人だと感じても、実際はどんな人か会うまでは分からないとゆうのもネットの怖いところです。文章のみのやり取りですから、いくらでも他の人格に成りすますこともできますし、ネット上では親切でも本当は腹黒かったなんて事例も多くあります。最近ではサクラと呼ばれる出会い専門の詐欺も横行しており、本気で出会いを求めているふりをして、出会った人からお金を巻き上げるとゆう手口も多いようです。
もちろん本当に良い人もいるとは思いますが、それを見分ける術がないのがネット掲示板などの厄介なところです。
文面が丁寧だから良い人とは限りませんし、言葉が荒っぽくても悪い人とは言えません。
良い人間だと思って逢ったら詐欺事件に巻き込まれたとゆうニュースも、近年ではよくニュースで見かけることもあると思います。詐欺事件ならまだいいですが、もしかすると命の危険性があるかもしれませんから、ネットで知り合った人と簡単に逢うとゆう行為は慎んだほうが良いです。
現代はネット社会ですからネットでの出会いを完全にダメと言い切れませんし、その出会いで結婚で来て幸せになった人もおられます。ネットの出会いを興味半分で行わず、何が良くて何が悪いかとゆう目をしっかりと養っていかなければもしかしたら、次は自分自身が犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。そのことをしっかりと頭に入れてネットを利用してもらいたいです。

ネットでの出会いは、相手がわからない

022032

022032
最近、ストーカーによる乱暴の事件が増えているようです。
加害者の男性とは、ネットで知り合ったというケースが多発しています。
ネットでの出会いを全て否定するわけではありませんが、危険性が高いので、注意が必要です。
最近では、ネットで出会い、交際するカップルも増えています。
確かに、出会いの機会が無い若い人には、ネットでの出会いは手軽で便利です。
しかし、見極めないといけないのは、相手が何を考えているか、です。
男女ともに、双方目的が一致していれば、問題はありません。
真面目にお付き合いをして、結婚にいたればいいな、とか。
単に性行為を目的とした交際がしたい、などです。
しかし、恋人になるような人と出会いたい、という女性に対して、
性行為がしたいだけの男性がマッチングしたりすると、危険です。
そういう男性も、率直に自分の目的をはっきりさせればいいのですが。
同じ目的の女性が少ない為でしょうか。
普通に恋人を欲しがっている女性を性行為目的で交際を始めるケースも多いのです。
単に性行為だけが目的という女性が少ないのは、性別による差もあるとは思います。
しかし、一部の男性には、それを理解しない人も多いのです。
自分が
「やりたいだけ」
と思っていると、相手の女性もそういうものだと思い込んでいる男性も多い気がします。
これは、日本社会が未熟だからでしょうか。
女性は「恋人が欲しい」と思っているケースが多いのです。
それなら、男性は、お金を出して、プロの女性に相手をしてもらえばいいのに。
女性としては、そう思います。
しかし、
「ただでやれる女が欲しい。」=彼女
という考え方には、呆れるばかりです。
ネットで出会う相手は、どういう人間かわかりません。
女性と性行為をしたいだけで、まじめな出会いの場に出てくる男性もいるそうです。
それらの男性が、女性の望む好青年を演じている場合もあります。
又、一般的と思われる男性でも、「自分の理想像の女性」という妄想に囚われているケースもあります。
彼らは、外から見てもわかりづらく、又、交際相手の女性が自分の理想と離れていると、怒り出すという事も多いのです。
ネットでの出会いでは、相手がどういう人間か、わかりづらいので、慎重に相手を見極める必要があります。